ボディータッチで愛犬を守ろう

「秋の日はつるべ落とし」といいますよね? 
あの長く暑かった夏が嘘のように、アッという間に日が暮れてしまう今日この頃。
夕方のお散歩時間も少しずつ早まってきます。
そうなると今度は、暗くなってから過ごす時間が長~く感じられます。
そんな「秋の夜長」を、ゆっくり愛犬とスキンシップを取る時間にしてみてはいかがでしょうか?

コミュニケーション&リラクゼーション

愛犬の体をゆっくり撫でてあげたり、抱っこしたりするスキンシップは、飼い主さんも愛犬も癒される大切なコミュニケーションになります。
最初のうちは、触ると嫌がる場所は無理に触らず、気持ち良さそうにする所だけ撫でてあげるのでも構いません。
少しずつ触られるのが苦手な場所をなくして行き、飼い主さんには体のどこを触られても大丈夫、むしろ気分が落ち着いて安心できるようにしていきましょう。
例えば災害などに遭ってしまった時などに、万が一愛犬が怪我をしたり、恐怖や興奮でパニックになったりしてしまった時、飼い主さんが体にタッチすると落ち着いていられるようにしておくと、何かと安心ですよね。 
また、どこでも飼い主さんが触れるようにしておけば、獣医さんに教わって、お薬を付けたり簡単な手当てをしたりすることが、少なくとも飼い主さんには出来ますよね。

病気や怪我の早期発見

愛犬の体をどこでも触れるようになると、病気や怪我の初期の段階での発見が可能になります。
しょっちゅう触っていると、いつもと違う感覚に気付きやすくなるからです。
硬い・柔らかい・異物が触れる・変色している・ごっそり毛が抜けた・脱毛している・湿疹の痕・痛がる・痒がるなどなど……。
様々な反応に、いつもと違うものを感じたら、獣医さんに相談に行けますね。
重大な病気の前兆かもしれない変化や怪我の小さな痕跡を見逃さなければ、早期に、軽症で、治療が始められる可能性があります。
愛犬は人間のように口に出して、「ちょっと足が変」とか「ちょっとお腹が痛いかも……」とか「熱っぽいんだけど」なんて訴えてきません。
普段から、せっせと飼い主さんがボディタッチを繰り返し、愛犬が発する様々なシグナルを受け止めてあげられるようにしておきましょうね。

News & Topi
イベントを体験! 愛犬と一緒にお出かけ

ドッグフェスタ ポスターイベント写真
イベント写真

秋イベントシーズン本番ですが、皆さんのまわりでも様々なイベントが開催されると思います。地元で開催される楽しいイベントをチェックして愛犬と一緒にお出かけしてみませんか? 
今回は10月3日に開催された「モトマチドッグフェスタ」のレポートをおとどけします。
横浜、元町は古くから「犬に優しい街づくり」に取り組む素敵な街です。
とにかく元町ショッピングストリートは犬だらけ。
慣れている元町商店街の皆さんもあらためて愛犬家イベントの人気の高さに驚いていました。

●愛犬無料撮影会
開場前から100組を超える愛犬家が大行列!
●愛犬似顔絵コーナー
プロのイラストレーターに似顔絵を描いてもらえるとあって、大盛況でした。
●しつけ教室・ゲーム大会
路上に愛犬家の皆さんが座りこんで「おすわり」の練習。
ほかにも、早食い競争、尾っぽ振りコンテスト……など、笑顔がいっぱいでした。
●お悩み相談コーナー
3名のドッグライフカウンセラーは休憩なしの大忙し。
●アイメイト協会、ドッグマナー協会コーナー
盲導犬の育成や、飼い主のマナー啓発、社会貢献も大事!
お問い合わせはこちらから